【Lucia & Mare】
芽亜「いよいよシリアで決戦の様相が強まって参りました。戦場は北部の商都アレッポ」
ルシア「この内戦、気にはしてたんですけど、なかなか触れる機会がなくて」
芽亜「反政府軍『自由シリア軍』はサウジアラビアや土耳古からの支援を受けている
   様子。ここがいわば天王山ですの」

ルシア「欧米の直接介入を内政干渉だと言って拒否権を連発する中露も、ここで『自由
   シリア軍』が勝てばアサド政権を見放すはず。反政府軍が勝てる見通しはどれくらい
   でしょうか」

芽亜「『自由シリア軍』の練度にもよりますわね。統制の取れた軍隊が相手では、それ
   と同程度の指揮系統が要りますし。更に政府軍には切り札の化学兵器があります」

ルシア「でも、反政府軍は決戦を選んだんですよね。勝ち目があると信じたいです」
2012.07.28 Sat l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/671-81b12360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)