【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「ようやく、俺らの時代が近づいてきたっすね。わくわくしてきたっす」
アリス「ギィ。また気の早いことを。私達はまだ、生まれる予定の存在でしかない
   んですよ」

ギィ「つっても、スタートまであと10日じゃないっすか。クラブ立ち上げの準備とか、
   そろそろ始める時期っす」

紅緋「まあ、せっかちなのは背後の性格ですね。こればかりはどうにもなりません」
アリス「それはそうだけど。やっぱり自分が実際にどこで何をする何物なのかが分から
   ないと、突っ走った挙げ句方向間違えてましたじゃ、周りに迷惑をかけてしまうわよ」

ギィ「それはもう大筋出てるじゃないすか。灼滅者になって闇を灼滅する。どんな奴ら
   がいるのか、今から楽しみっすよ」

アリス「それは本当に最低ラインでしょうに。まあいいわ。背後はTW2で張り切りすぎた
   って言ってるから、今度は大人しく静かにいきましょう」

紅緋「無理は厳禁、ですね。了解です」
2012.08.04 Sat l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/675-b2b1f57d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)