【Lucia & Mare】
芽亜「シリア内戦を取材中の本邦のジャーナリストが、銃撃戦に巻き込まれて亡く
   なられましたの……」

ルシア「(無言で十字を切り)危険地帯の取材は、本気で命がけですよね。なんだ
   かんだ言ってもセーフティネットがある私たちと違って」

芽亜「これを機会に、本邦もシリアへの介入、というかトルコやレバノン、アラブ
   連盟への支援でアサド後を見据えた対応を打っていければいいのですが、
   自国の領土問題で手一杯の政府ではとても無理でしょうね」

ルシア「USAは、アサド政権が化学兵器ケミカルを使ったら実力行使に踏み切るって宣言
   しましたね」

芽亜「アサド政権の国内掌握率は、既に30%台とも聞こえてきますが。シャラ副大統領
   が政権を離脱しようとして失敗し、軟禁されているとも聞きます。間違いなく政権は
   崩壊過程のはず。こうなった以上、一刻も早く革命の成就を願うしかありませんの」

ルシア「そうですね。一日も早い平和を」
2012.08.21 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/683-914b3ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)