【Lucia & Theo & Mare】
芽亜「ECBこと欧州中央銀行が、ユーロ防衛のために無制限の国債買い取りオペを
   行う方針を発表しましたの」


 『ECBが期間3年までの国債買い入れで合意、量的限度設定せず』(ロイター通信 2012年9月7日付)

テオ「無制限と言っても、財政再建をちゃんとしてる国の国債限定なんだね」
ルシア「まあ、不良債権になっても困りますし」
芽亜「ともあれ、この発表を受けて、西班牙、伊太利亜の国債利回りは落ち着きました
   わ。IMFも協力する見通しですし、当面の危機は乗り越えられるかと」

テオ「ユーロゾーンの切り札をきったわけだから、それくらいの結果は出ないとね」
ルシア「でもこれ、対象国が財政再建の基準に達していなかったら放置なんですよね。
   完全に安心するのはまだ早いかなと」

芽亜「難癖をつけてくるのは独逸くらいだと思いますけれども。そういえば英国もBoE
   が政策金利を据え置いたんですわね」

ルシア「UKはリセッション入りしてますから……」

  『英中銀、政策金利・資産買い入れ枠を据え置き』(ロイター通信 2012年9月6日付)

テオ「イギリスも大変だ。ただ、金融政策でフリーハンドがあるのはアドバンテージ
   だと思うよ」

ルシア「そうですね。ユーロ諸国は金融政策をECBに一任していますから、独自の
   非常手段がとれません」

芽亜「まあ、危機が収まったわけでもありませんから、要経過観察ですわ」
2012.09.07 Fri l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/689-ada53683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)