【Lucia & Theo & Mare】
芽亜「先日のことになりますが、合衆国の連邦準備委員会が量的緩和第三弾を打ち出し
   ましたの」


  『米FOMCがQE3決定、雇用改善まで資産購入継続表明し時間軸も延長』(2012年09月13日 ロイター通信)

ルシア「USAの景気下支え政策ですよね。それで市場にドルを大量に供給するという」
芽亜「厳密には、銀行の持つ劣化債権と米ドルを交換すること。それが『量的緩和』政策
   です。これで、合衆国も引き続きゼロ金利ですわ」

テオ「銀行にいくら資金を流しても、それが動かないっていうのにねぇ」
ルシア「投資先がないから、結果国債に環流するだけ。効果はどれくらいでしょう?」
芽亜「株式市場、ドル相場、ともに好感しているようです。今回は失業率を目安に期間
   を定めるもののようですが、大統領選が11月6日に迫る中、FRBがその方針を維持
   できるか、要注意ですわね」

テオ「新大統領にとって一番簡単なことは、前任者の否定だものねぇ」
2012.09.17 Mon l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/693-665a4e42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)