【Lucia & Theo & Mare】
ルシア「んー、スコットランドがUKからの離脱をするかどうかの国民投票がある
   みたいですねぇ」


  『スコットランド、独立問う住民投票実施で英政府と合意』(AFP通信 2012年10月16日)

芽亜「スコットランドは、ウェールズと違って連合王国に入ってから日が浅いです
   からね。その辺りは、むしろ独逸の連邦制を参考にした方がいいのかもしれ
   ません」

テオ「ドイツは州選出の連邦議員が連邦議会を開くスタイルだから、議会がイング
   ランドとスコットランドで別々のイギリスとは比べられないと思うな」

ルシア「制度も歴史も、国それぞれですからね。ドイツは三十年戦争からウェスト
   ファリア条約を経て無数の領邦が独立した国家となり、プロイセンによる統一
   まで群雄割拠ともいえる状態が続きました。イングランドはウェストファリア条約
   以前の1707年に、スコットランド王国と合同でGBを成立させました」

芽亜「ヴェストファーレン会議関連は興味深いですが、『ホライゾン』の次の世代に
   なりますかしらね」

テオ「ま、スコットランドが抜けたらユニオンジャックも変えなくちゃだし、今の反対
   多数の流れでいいんじゃないの?」

芽亜「スコットランドが抜けると、英国には痛手ですからねぇ」
ルシア「ええ、やっぱり同じ君主を仰ぐもの同士で一緒にいるのがいいと思います」
2012.10.16 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/703-9254c94a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)