【Lucia & Theo & Mare】
ルシア「妖狐の女王・金毛九尾さんの元へ向かった使者の皆さんがいい感じの交渉を
   終えて戻ってこられました」

芽亜「妖狐と、それから悪路王陣営も、銀誓館が提示した案に依存なしとのことです
   わね。本当によかったですの」

テオ「あれほど戦い続けてきた洋子とこれからは協調していくっていうのも、ちょっと
   変な気分だけどね」

ルシア「まあ、どう感じるかは人それぞれですよ。今後は、妖狐も絶対的少数派になる
   わけですから、人類の同盟者がほしかったんでしょう」

芽亜「まあ、そういうわけですから、銀誓館が道を間違いかけたら妖狐が止めてくれ
   そうですわね」

テオ「不老の金毛九尾がずっと目を光らせている妖狐やゴーストの悪路王軍ならとも
   かく、人間の組織は代替わりしちゃうと大事なことを忘れちゃうこともあるからね。
   外部の目があるのはありがたい」

ルシア「あとは最後のプールで交流戦ですね。親善目的とはいえ、全力を出してお相手
   しましょう」

テオ「もちろん!」
2012.10.27 Sat l シルバーレイン(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/705-71307428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)