【Lucia & Theo & Mare】
ルシア「芽亜さん、なんだか楽しそうに記事を読んでますね」
芽亜「はい、自業自得という言葉を体現しているような記事で」

  『中国経済、日本車販売減少で打撃』WSJウォールストリートジャーナル2012年10月24日付け)

ルシア「あれだけ反日しておいて、結局はそれが自分に返ってきてるわけですか」
芽亜「この夏以降、チャイナリスクは十分に認識されるようになりましたからね。安価な
   工場立地は、洪水がまだ不安なタイ王国と、インフラ整備がこれから本格化する
   旧ビルマ(いわゆるミャンマー)、それからカンボジアや越南ベトナム辺りに移せばいい
   と思いますの。ちょうどインドシナ半島を横断する大動脈、全長1450kmの高速
   道路東西経済回廊イースト・ウェスト・エコノミック・コリドール(日経ビジネスオンライン 2009年3月19日付け)
   が2009年時点で泰―ラオス―越南間を開通いたしました。最後の旧ビルマですが、
   民主化の進展によって経済制裁が解除されてきていますので、今後は旧ビルマ内
   の区間に取りかかれるものと思われます。是非とも日本のゼネコンに主導してもらい
   たいものですわ」

ルシア「芽亜さんって基本的に国益重視ですよねぇ」
芽亜「国家の繁栄なくして、国民生活の充実はありませんから。ですから正確には
   GDP成長至上主義者かと、自己分析しています」

ルシア「あくまでも経済分野ですか。ここではあまり政治を取り上げませんよね」
芽亜「明日は衆院鹿児島補選をネタにするかもしれませんが、基本は経済ですわ。
   今日は、本当はブルームバーグのペセック様のコラムを三橋様のところで拝見
   してそちらをネタにするか迷ったのですが、後追いはやめておきました。ただし
   必読の内容ですので、是非ご覧くださいませ」


  『新世紀のビッグブラザーへ』(2012年10月28日付 「自己完結型システム」)

  芽亜「三橋様ご紹介のブルームバーグのコラムはこちらになります。日本はまだ
   捨てたものじゃないと思えますわよ」


  『【コラム】米国が日本を見習うべきこと、それは借金の仕方』(Bloomberg 2012年10月24日付け)

ルシア「つくづく、日本は変わった国です」
芽亜「褒め言葉と受け取っておきますわ」
2012.10.28 Sun l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/706-0067ec7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)