【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「ど……どうにか生きて帰ってきたっすよ」
紅緋「わ! ぼろぼろじゃないですかー。どうしたんです」
ギィ「吸血鬼の野郎を灼滅してきたっすよ。だけど、胸を張って威張れる結果じゃ
   ないっすね」


  シナリオ『アルビレオの宝石』

アリス「少女を助けようとするには、二、三手足りなかった感じね」
ギィ「ダークネスの悪質さを失念してやした。悔いてももう遅いっすけど」
紅緋「済んだことは済んだことですよー。私はソウルボードでシャドウと相対して
   きましたー」


  シナリオ『ラプンツェルの嘆き』

アリス「紅緋、がんばったわね。いい子いい子」
紅緋「えへへー♪」
ギィ「最初の一撃からシャドウを退かせる打撃まで、しっかり立ってるっすね」
アリス「それにしても、どのダークネスも女の敵だわ。全部灼滅しないと」
ギィ「そういや、別府の方でイフリートが何か動きを見せてるとか。気になるから
   行ってみようと思ってるっすよ」

アリス「ギィ。無理はしないように。以上」
ギィ「分かってるっすよ!」
2012.11.30 Fri l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/723-df0cf509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)