【Lucia & Theo & Mare】
ルシア「アルティメット黙示録、終わりましたね」
芽亜「交流試合はこちらが数の暴力で押し切ったようで申し訳ない気分になりますの」
テオ「ま、向こうも楽しんでくれたみたいだからよしとしよう」
ルシア「それぞれのご接待もがんばりましたよね?」
芽亜「私のところは、バステト様のいたずらに付き合わされただけというか……」
ルシア「私はお店で、廉貞さんにティラミスとリンゴのソルベシャーベットをお出ししました。気に入って
   くれてたらいいんだけど。で、兄さんは悪路王さんのところにワインを持ち込んだみたい
   だけど?」

テオ「商標が出るとまずいんでね。品種と格付けと生産年だけ表に出した。『ウンゲホイヤー・
   リースリング・ベーレンアウスレーゼ2009年』。生産者はライヒスラート・フォン・ブール
   フォルスター。本当は飲むにはまだ早いんだけど、しっかりしたデザートワインになってた
   よ」

ルシア「怪物ウンゲホイヤーですか。悪路王さんのところに持って行くにはまた微妙なチョイスを」
テオ「ま、鈴鹿御前殿へのお土産にしてくれればいいさ。とろける甘露とはこのことだね」
ルシア「あ、まだ持ってる!」
テオ「背後が一時期入れ込んだワインだからね。在庫も豊富♪」
芽亜「背後としてはまた飲んでみたいワインの上位に来ているそうですわね。格付け
   的に簡単には手が出せないはずですが」
2012.12.11 Tue l シルバーレイン(日常) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/727-d0ceffc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)