【Alice & Guy & Benihi】
アリス「マリ情勢、そろそろクライマックスかしら?」
ギィ「フランス航空戦力の支援を受けたマリ政府軍が反政府軍の拠点まであとわずか
   まで迫ったっすからね。ただ、拠点を叩いてもサハラに引きずり込まれると対処は
   大変っすよ。リビアから流出した兵器の中に地対空ミサイルが紛れ込んでたら、
   フランス軍もただではすまないっす。相手はイスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織AQIM
   っすからね。並の軍隊より危険な連中っすよ」

紅緋「その、並の軍隊の寄せ集めは、いつマリに入るんですかー?」
アリス「紅緋。きちんと西アフリカ諸国経済共同体ECOWAS連合軍と言いなさい」
紅緋「……はーい」
ギィ「マリ北部の東部国境は、AQIMが橋を落としてECOWAS軍が侵攻できないように
   したらしいっす。ECOWASがまずしなくちゃいけないのは、橋頭堡の確保っすね」

アリス「それにしても、共に血を流してくれる相手が、かつての植民地政府しかない
   とは、『テロとの戦い』は自己責任で行うように世界のルールが変わったのかしら?」

ギィ「ワシントンは輸送機をこの作戦に貸し出すのに、エリゼ宮へ請求書を送りつけ
   ようとしたらしいっすよ。派遣要請が出てる空中給油機や偵察機のレンタルにも
   消極的とか」

紅緋「この内乱のせいで、アルジェリアのガスプラントが襲われて、沢山の方が亡く
   なったんですよね。テロなんて大嫌いです!」

ギィ「フランス軍がマリに介入してからの仕事にしては手際がよすぎるって指摘が出てる
   っすね。これはマリのAQIMとガスプラントを襲ったテロリストが呼応したわけじゃなく、
   たまたま時期が重なったからだと」

アリス「エジプトはアラブの春をやり直してるし、シリアの内戦は終わらないし、イラン
   は相変わらず地域の不安定要因。サブサハラから中東にかけてはまさに不安定の
   弧ね」

ギィ「未来に絶望し、カルトに染まり、テロの手駒になる。この読み飽きた物語、どう
   にかして変えなくちゃいけやせんよ」
2013.01.26 Sat l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/746-00051e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)