【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「防衛省が発注する予定のF-35ライトニングIIが、要求スペックを満たさない
   って聞いたんですけど……?」

アリス「F-35にはショートレンジの空対空ミサイルが使えるF型と装備できないI型
   の二種類があるの。日本の防衛省がつかまされたのはI型の方」

ギィ「短距離空対空ミサイルがないと、ドッグファイトができないじゃないっすか。
   そんな欠陥戦闘機、どうするんす? 素直にユーロファイター買ってれば
   よかったのに」

アリス「私の想像だけど、今回購入するI型はパイロットの慣熟飛行に回されるんじゃ
   ないかしら? いくらなんでも次に買うのはF型かそれ以上のスペックのはず」

紅緋「だといいんですけどねー。F-15だっていつまでも飛び続けられるわけじゃないし、
   いつかは更新しないといけないですから」

アリス「その辺は日米関係次第じゃないの? 早いうちに首脳会談した方がいいと思う
   けど」

ギィ「国際関係っていえば、チェコの総選挙で、EU統合懐疑派のクラウス大統領の
   後継が統合推進派のゼマン元首相になったっすね。これで英国は一層、EUで
   孤立するんじゃないっすか」

アリス「それならそれで構わないわよ、もう。英国は“栄光ある孤立”に立ち返るだけ
   だもの」

ギィ「強がりっすねー」
紅緋「チェコっていえば、円建て国債の発行を考えてるみたいですねー。ユーロゾーン
   の国ってユーロ建て以外の国債を発行できましたっけ?」

アリス「紅緋。チェコはユーロ導入を決めたマーストリヒト条約未加盟国よ。今でも
   通貨はコルナを使ってるわ」

紅緋「あ、なるほど。だからオプションが存在するんですね」
アリス「そういうこと。脱ユーロの動きとは直接関係ないけど、ユーロに入らないと
   いう選択肢の利点を体現してるわね」

ギィ「ただ、通貨危機が起きたときに自力で切り抜けないといけないっすけどね」
アリス「そこは自己責任で」
2013.01.27 Sun l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/747-6800bd0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)