【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「ただいまっす。鶴見岳から帰ってきたっすよ。イフリートが二体になった時は
   背筋が凍ったっすね。周りはむちゃくちゃ暑かったっすけど」


  シナリオ『鶴見岳の激突~魔と炎の争乱に介入せよ』

紅緋「私も無事に作戦成功しましたー。強化人間が呆気なくて、デモノイドにも苦戦
   無し。完勝です」


  シナリオ『鶴見岳の激突~君ノ采配~』

アリス「ギィ、紅緋。おつかれさま。私は、上がってきた報告書を全部見てみたわ。
   ソロモンの悪魔が動いたんですもの。魔法使いとしては当然でしょう」

ギィ「そりゃまたご苦労さんっすねー。で、ご感想は?」
アリス「うまい具合に戦力を配置できた結果の戦略的勝利、というところかしら。重傷
   を負った方や闇堕ちした方のことを考えなければね」

紅緋「今回のボスは『アモン』でしたっけ?闇堕ち四人で挑んで歯が立たなかった
   っていう」

アリス「彼は正規の72柱の一柱。序列第七位。“計り知れぬもの”。今の私達では、
   荷が勝ちすぎる相手ね」

紅緋「だからって、人間をあんな風にするモノを放ってはおけません!」
アリス「もちろんよ。悪魔にもどんなダークネスにも負けないための力を蓄えなくちゃ」
2013.02.06 Wed l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/751-b5a0fe3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)