【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「鶴見岳での激突が終わって、その戦いで闇堕ちした人を救出する依頼とか、暴走
   してるデモノイドを灼滅する依頼とか、色々出てきたっすね。自分たちは関われなか
   ったっすけど」

アリス「背後のリアルラックはその程度ってことね。運命使った人も多かったみたい
   だけど」

紅緋「デモノイドが捨てられたってことは、これでもう『あれ』と出会うことはないんで
   しょーか?」

アリス「悪魔達の内幕が分からないから、それは何とも。ただ、デモノイドは悪魔と
   組むと相性がいいのよ。知性が無い反面、頑丈だし」

ギィ「今回がどういうつもりか分かりやせんが、街中で放たれるのは勘弁っすね。今回は
   山奥でよかったっすよ」

アリス「闇堕ち救助依頼はこれからも出てくるでしょうけど、私達は自分の仕事を第一
   にしなくちゃね。油断は無しよ、ギィ、紅緋」

紅緋「はーい!」
ギィ「わーってるっすよ、そんなことは」
2013.02.10 Sun l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/752-28b6c9b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)