【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「阿佐ヶ谷を壊滅寸前まで追い込んだアンデッドとデモノイドの一群、みんなと
   駆逐してきたっすよ」

紅緋「デモノイドの足止めがんばりましたー」

  シナリオ『阿佐ヶ谷地獄~暁に消える命の光』
  シナリオ『阿佐ヶ谷地獄~ある家族の悲劇』

アリス「二人ともおつかれさま。無事で何より。……紅緋は、それでよく平気でいら
   れるわね」

紅緋「今回はディフェンダーで防御重視でしたからね。これくらいへっちゃらです」
ギィ「阿佐ヶ谷がぼろぼろになった今回の事件、世間はどう対応するんすかねぇ? いくら
   バベルの鎖があるとはいえ、破壊跡にまで適用されるのか?」

アリス「悩んでも結果が出るものじゃないわね。復興は専門の人たちに任せましょう。
   それから、私も依頼の報告を一つ」


  シナリオ『正母の会』

アリス「まあ、狂信的な連中だったわ。ソロモンの悪魔に出会わなくても、そのうち
   どうにかなってたんじゃないかしら?」

ギィ「でも、悪魔とつるんでくれたおかげで事前に事件を防げたんだからよかったんじゃ
   ないっすか?」

アリス「そういう考え方もあるのね。楽観的だこと」
2013.03.22 Fri l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/770-e3489a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)