【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「ボストン・マラソン、酷いことになったっすね。せめて黙祷を」
紅緋「死者三人、負傷者百人超でしたっけ? これでダークネスの仕業だと言えたら、
   随分楽なんですけどー」

アリス「ダークネスはそんな迂遠なことしないし。独立十三州サーティーン・コロニーズ愛国者の日パトリオット・デイに喧嘩を
   売ってくるとはいい度胸だわ。まだ容疑者像は分からないけど、高い買い物をしたと
   思い知らせてやりましょう」

ギィ「やっぱり、米国に敵対する思想の持ち主が犯人っすかね?」
アリス「今はまだ容疑者を特定するには早いけど、わざわざニューイングランドを狙った
   以上、USAの理念そのものへの挑戦だと思うわ」

紅緋「アメリカ本土でのテロは、一時期の炭疽菌騒ぎを除くと、9・11以来になる
   んでしたっけ」

アリス「ええ。だからオバマ大統領が緊急声明を出したのだし。私としては、2005年
   7月7日を思い出すけどね」

ギィ「何の日でしたっけ?」
アリス「ロンドン同時爆破テロ。あのときは10歳だったけど、国中がぴりぴりしていた
   のを覚えてるわ。翌年8月には、ヒースロー空港でテロ未遂があったしね」

ギィ「さて、どこの組織が犯行声明を出してくるか。それとも個人の仕業か」
紅緋「反米諸国がどういうコメントを出すかも気になりますね。イラン、ベネズエラ、
   “北”。どこもろくでもないこと言いそう」

アリス「とにかく、話は犯人を捕まえてからよ。FBI に期待しましょ」
ギィ「テロとの戦いはまだ終わらないんすね」
2013.04.16 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/785-f0df7e42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)