【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「ボストンのテロ事件、一週間と立たずに終結しましたね」
アリス「容疑者二人のうち一人は射殺、逃走したもう一人は街区を封鎖してSWAT
   が一軒ずつ虱潰しに探索した結果ボートの中で確保。この手際はさすがUSA」

ギィ「容疑者はチェチェン出身の兄弟って話っすね。語りづらいというか、チェチェン
   紛争が動機に出てくるんでやしょうか? チェチェンの亡霊?」

アリス「少なくとも一人は確保したんだから、そのうち報道されるでしょう。予断は
   禁物」

紅緋「どこまで、『ほんとうのこと』が分かるんでしょうね? そしてそれは報道される
   のかな?」

アリス「さあね。ただ、私は陰謀論者になる気も、ワイドショーの薄っぺらいコメン
   テイターになる気もないわ」

ギィ「人の生き死にの話はこれくらいにして、大西洋の向こう側の話をしましょうや」
アリス「イタリア議会はぐだぐだしてるわね。5月15日に任期満了を迎えるナポリターノ
   大統領の後任が、左右両派の争いで決まらない。いえ、上層部では話はついてた
   のに、投票で造反が相次いで信任投票に失敗したってところらしいわね」

ギィ「その候補を推してたイタリアの民主党パルティート・デモクラティコ書記長ベルサーニは、『4人に1人
   が裏切り者である状況は受け入れ難い』と捨て台詞を吐いて辞任することにした
   っす」

紅緋「イタリアでも民主党はぐだぐだですねぇ」
ギィ「これで経済危機が再燃しないはずがないと思うんすけどねぇ。そういや、スペイン
   はどんな具合で?」

アリス「昨日の段階で、スペイン国債は堅調に消化されてるわ。日銀の大胆な金融緩和
   で溢れだしたマネーが流れ込むと予想されてるみたい」

紅緋「どんなことでも、意外なところに影響するんですねー」
ギィ「じゃ、話題を日本に移しやしょうか。インドネシアのスラバヤで行われてた、日本
   のTPP交渉参加は既参加国11ヶ国の同意を得て、次々回7月の交渉から参加
   らしいっすね」

アリス「ルビコン川を渡ったってところかしらねー。確か農水大臣だったと思うけど、
   交渉が国益に反する方向に向かえば席を立つなんて無理を言ってた気がする」

紅緋「ダメなんですか?」
アリス「ダメ。交渉参加のために日本が譲歩した分は、もう『確定』なの。それは、
   TPPに参加するかどうかとはもう関係ない。だって、それはTPP交渉じゃなく
   それ以前の二国間での取り決めだから」

紅緋「“国の形を変える”TPP。どれだけカウンターを駆けられるかが勝負ですね」
2013.04.20 Sat l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/787-1c1ed765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)