【Alice & Guy & Benihi】
アリス「連休後半の始まりは、『憲法記念日』ね。自民党を始めあちこちで声明や
   社説が公開されているわ」

紅緋「最近は憲法改正が話題ですね」
ギィ「フランス第五共和制は27回にわたって改憲してるっす。マーストリヒト条約が
   違憲だと司法に判断されたから、憲法の方を変えたっすね」

アリス「GBにはそもそも憲法なんて無いの。裁判所の判例や議会の議決、国際条約
   などの集合体。それがGB式」

紅緋「明文化されてないのは、変える必要が出てきた時に便利ですね。フランスも
   結構柔軟」


『希望も、絶望も、歓喜も、悲嘆も、愛情も、憎悪も、恍惚も、嫌悪も、天国も、地獄も、過去も、未来も、昨日も今日も明日も、夢も、悪夢も、そして世界も全てヒトがつくったものだ。ヒトがつくったもので、ヒトの壊せぬものなどない――霧間誠一』(『ブギーポップ・リターンズ VSイマジネイター』)

紅緋「ちょっと引用してみました。この世に永遠不変のものなんてないはずなのに、
   憲法だけ一文字たりとも変えられないなんておかしいですよね?」

アリス「戦前の皇室典範なんかは不磨の大典扱いだったけど、それも敗戦で変わった。
   世界が大きく動く今、この国の新たな指針が必要になってくるでしょう。それは憲法
   として国の基とするべきよ」

ギィ「ぶっちゃけ、国民の最大多数の最大幸福を実現するためのツールっすけどね。
   それだけに定期メンテは欠かせないと」
2013.05.03 Fri l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/795-45537b7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)