【Alice & Guy & Benihi】
アリス「NATOの東端トルコで、テロ組織と和平の兆しが生まれているわ」

  『クルド労働者党、戦闘員のトルコ撤退を開始』(AFP通信 2013年05月09日付け)

ギィ「クルド人って言えば、国土を持たない世界最大の民族っすよねぇ」
紅緋「最近はイラク北部を自治領にしてるって聴きましたけど」
アリス「クルド人の分布は、トルコ南西部やイラク北部だけじゃなく、シリアやイラン
   の一部も含むんだけど、ウェイトが大きいのはトルコだったのよね」

ギィ「で、トルコはフランスっぽく、『トルコに住まうものはトルコ人たるべし』という
   同化政策を強力に推し進めてたっす」

紅緋「今の共和国は、遅れてきた国民国家ですからねー。『トルコ人』という幻想フィクション
   が必要なのかな?」

アリス「こういう民族紛争は、GBも経験してるわ。北アイルランドのIRAとようやく
   和平が出来たところよ」

ギィ「欧州を見回せば、他にはスペインのバスクっすね。あっちも最近大人しいっすけど」
アリス「まあ、トルコがもしオリンピックの開催をすることになったら、危険材料が
   一つ減るわね。この和平がずっと続けばいいんだけど」
2013.05.10 Fri l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/799-13c5447b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)