【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「うーん、フランスのGDPがマイナスに落ち込んで、景気の後退局面に入った
   っすよ」


  『第1四半期の独GDPは前期比+0.1%、仏GDPは‐0.2%』(ロイター通信 2013年05月15日)

アリス「ユーロゾーンで元気なのはドイツ一国くらいね。関税が域内で撤廃されてる
   のをいいことに、南欧に製品を売りまくったから」

紅緋「南ヨーロッパの国も、対抗して製品を作ったらどうなんでしょー?」
ギィ「ドイツと他の国じゃ、生産性に差がありすぎるんすよ。自動車産業は航空機産業
   を持ってるイタリアやフランスはまだましで、ギリシアやスペインなんてワインや
   オリーブオイルの輸出にかけるしかないっす。最近はユーロ高になってきてるっす
   から、域外への輸出は苦しいはずっすよ」

アリス「北方でも、オランダがまずい状況になってるわ。お約束の、ドイツ基準の低
   金利のせいで不動産バブルが発生して崩壊、リセッション入りってパターンね」


  『ユーロ圏を崩壊させ得るオランダの債務危機』(WSJ 2013年5月09日付け)

紅緋「本当にユーロ圏は、そしてドイツだけが残ったってことになりそうですね」
ギィ「そんな危機が渦巻く中EUに加盟する物好きな国がひとつ」
アリス「クロアチアフルヴァツカね。お隣のスロベニアがまずい状況だっていうのに。まあ
   ユーロに加入するわけじゃないから多少はましかしら」

ギィ「日本の経済政策がうらやましくなる状況っすよ」
アリス「ユーロゾーン諸国は金融政策をECBに預けてるから、日本みたいな金融と
   財政出動のパッケージ政策は使えない。ドイツ以外の国は、生産性でドイツと
   対抗できるまで――つまり、それだけ国民が貧しくなるまで復活の目はないわ。
   GBがユーロに入ってなくて本当によかった」

ギィ「本当、こざかしいっすねぇ」
2013.05.17 Fri l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/804-be012cd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)