【Alice & Guy & Benihi】
アリス「しばらく雑談が続いたし、そろそろ依頼の報告会しましょうか」
ギィ「つーか、ここは何の場所だって思われてるっすよ、きっと」
紅緋「はーい、政治経済ウォッチングをするところでーすっ」
ギィ「いや、確かに来てる人の割合でみるとそっちの方が多いんすけどね?」
アリス「私たちの馬鹿話で楽しんでくれる人がいるなら、それでいいじゃない。で、
   誰から報告する?」

紅緋「はーい、私からっ」
ギィ「はいはい、分かったから飛び跳ねない」

  シナリオ『イカ以上でも以下でもなく』

紅緋「ソウルボードでのシャドウ撃退。ネタ依頼だってこと忘れて、一人でシリアス
   しちゃいました」

ギィ「それは痛い……」
アリス「海が絡むと、紅緋は気合いの入り方が違うものね」
紅緋「もっと空気を読まないといけませんね」
アリス「さて、次は私の報告に行こうかしら」

  シナリオ『下積み淫魔の道を塞ぐ者』

ギィ「ダークネス同士の争いに介入しても得るものはないっていうのに、ご苦労さん
   っすね」

アリス「あら、私は収穫あったわよ」
紅緋「なになに? 教えてください!」
ギィ「あーもう、子供向きの話じゃないっす! お子様にはこういうお話の方がお似
   合いっすよ!」


  シナリオ『七夕の夜に私たちは逢うの』

ギィ「毎度ながら、ヴァンプの感染闇堕ちは性質が悪い」
紅緋「恋人さん達、離ればなれになっちゃったんですね。彼氏さんの方は何があった
   んでしょうか?」

ギィ「そっちはあずかり知らぬことっすよ。いつかは、ヴァンプ本人と感染ヴァンプ
   が一緒にいる状況で、同時に救い出してやりたいんすけどね」

アリス「ダークネス二人を相手にするのは大変よ?」
ギィ「鶴見岳では、イフリートを二体同時に相手取ったっすよ?」
アリス「そういえば、鶴見岳のイフリートのαリーダーが夏バテだから元気づけに行く
   んだって?」

ギィ「あいつらもすっかり丸くなったっすからねぇ。だけど、それもいつまで続くか」
2013.07.07 Sun l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/832-140957e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)