【Alice & Guy & Benihi】
アリス「生物研こと農業生物資源研究所が、コロンビア国際熱帯農業研究センター
   等と協力して旱魃に強くなるイネの遺伝子を特定したわ」


  『干ばつに強くなるイネの遺伝子発見 農業生物資源研など』(日本経済新聞 2013/08/05付)

ギィ「よく見つけたっすねー。まずはフィリピンで導入っすか。旱魃っていうとサブ
   サハラのイメージっすけど」

アリス「ゆくゆくはそちらへも導入されていくんじゃないかしら? ただ、時間が
   かかるでしょうね。ネリカ米だって、普及に時間をかけて現地住民自身に
   導入を選択してもらってるわけだし」

紅緋「ふんふん。とうもろこしでも応用出来るんですね。これが世界的に広まれば、
   飢餓も少しは緩和されるかな?」

ギィ「形質の違いは、根が地面深くまで伸びることっすか。この辺はぶどうと同じ
   っすね。VVヴィエイユ・ヴィーニュクラスの樹齢数十年のぶどうから作られたワインが
   玄妙な味を帯びるのは、地下深くまで根を張って水や栄養分を吸い上げてる
   からっす」

アリス「ルーツは大事よ。植物にとっても、私たちにとってもね」
2013.08.05 Mon l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/845-e0c3506f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)