【Alice & Guy & Benihi】
アリス「臨海学校、何だかあっという間に終わったわね」
紅緋「実感ないですー」
ギィ「今回は、シナリオでのことが臨海学校の全てっしたからねぇ。一行掲示板は事後
   の方向でやすし」

アリス「とりあえず、臨海学校の報告会行きましょうか。まずは本参加してるギィから
   でいいわね?」

ギィ「はいな」

  シナリオ『臨海学校~夏の海はボーナスステージかテコ入れか』
  シナリオ『臨海学校~とあるキャンプ場の無差別殺人事件』

ギィ「りんねさんやクラブのみんなとスイカ割りしたあとで殺人事件を阻止。その後は、
   彼氏の皆さんと楽しく夕食だったっすよ」

紅緋「まめに働いてますねぇ」
ギィ「それはもう。じゃ次はアリスどうぞ」
アリス「18ともなると、もう縁日とか露店なんて柄じゃなくなるんだけどね」

  シナリオ『臨海学校~お祭りだ!』

紅緋「その割に彼氏さんといい雰囲気じゃないですか?」
アリス「これでも色々あるんだけどね。じゃ、最後に紅緋。あなたの番よ」
紅緋「はーいっ」

  シナリオ『臨海学校~サマースケート! サマーボウル!』

紅緋「クラスのみんなとアイススケートしてきましたー」
アリス「真夏にわざわざ」
紅緋「夏だから涼しくなっていいんじゃないですかー」
ギィ「涼しくなると言えば、北海道に流れ着いた流氷にロシアンご当地怪人がわんさと
   乗っていて、腕試しだか何だかアンブレイカブルが迎え撃つという訳の分からない
   事態が起きてやすが」

アリス「まったく、余韻に浸る暇もない」
紅緋「とはいえ、今から依頼に入ると、みんな経験値の効率が悪くなるんですよね。参加
   される方、ファイトです!」
2013.08.23 Fri l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/852-c4e8a50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)