【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「れんと・しーきんぐ? 何です、これ」
アリス「手っ取り早くいえば、公共サービスを民間に開放させることで、自分がその
   分野で甘い汁を吸おうとする、現代の猟官運動よ。三橋さんが分かりやすい例
   を出してるわ」


  『新世紀のビッグブラザーへ』(2013年08月28日付)

アリス「三橋さんは刑務所の運営を民間に開放した場合の例を出してるけど、もうちょ
   っと身近に、医療で考えてみましょう」

紅緋「はいっ」
ギィ「病気になった時に病院株式会社にかかる。そこでは利益の追求が最優先される
   から、医療の質が下がるっす」

アリス「医療保険も株式会社だから、保険料を最大限搾り取って、加入者への支払い
   は最小限」

ギィ「もうひとつ、薬価があるっす。この価格決定プロセスが民間に開放されたら、
   あっという間に薬の値段が上がるっす」

アリス「で、貧困層から三重に富を搾り取る富裕層はこう考えるの。『彼らにはもっと
   不健康になってもらおう』『それには生活の質が劣悪であればあるほどいい』」

紅緋「――ダークネスのやり口そのままじゃないですか。ちょっと灼滅に行ってきます」
アリス「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が締結されたら、この国もそうなるかも
   しれないのよね。日本がUSAみたいにならないことを願うわ」
2013.08.28 Wed l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/853-769e123c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)