【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「いよいよ次世代車FCVフュエル・セル・ヴィークルの実用化が射程に入ってきたっすね」

  『燃料電池車、量産化にめど=セダンタイプで試作車-トヨタ』(時事通信 2013年10月11日付)

アリス「さすが世界の先頭を行くトヨタ。ハイブリッド車の時のように、先行して
   シェアを抑えるつもりかしら」

紅緋「でるのは水だけ。とっても環境に優しいです」
ギィ「燃料電池のネックは空気中の酸素と反応させる水素の貯蔵法だったんすよねぇ。
   知っての通りあの気体は爆発しやすい上に無駄に軽くて、鉄を脆化させる」

アリス「水素スタンドの普及も欠かせない。その辺りの社会資本はどうするのかしら?」
紅緋「完全な電気自動車が出てきたら、その辺の環境整備が無駄になりますよぅ」
アリス「次世代車がガソリン車に取って代わる頃には、何が本命か決まってるでしょう
   けれども」

ギィ「次世代車と言えば、自動走行車も開発が進んでるっすね」
紅緋「道路の知性化と合わせて、ドライバーいらず」
ギィ「それってほとんど、『魂の駆動体』の世界っすね」
アリス「ちなみに、トヨタがUSAで起こされた急加速死傷事件の民事訴訟で、
   カリフォルニア州裁判所で勝訴してるわね。運転手がアクセルとブレーキを踏み
   違えたのが原因という判決が出た。この調子で全部勝てるといいわね」
2013.10.12 Sat l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/871-6caef9f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)