【Alice & Guy & Benihi】
アリス「まさか、こんなに早く誰かの口から『アモンの遺産』の言葉を聞くとはね」
ギィ「こないだ、うちで表題にしたばっかりっすね」
紅緋「ええと、アモン管理下にあった木更津のデモノイド工場をハルファスが引き
   継いで、そこにヴァンパイア学園朱雀門高校が襲撃。一部を支配して、確保
   出来なかったデモノイドを街にばらまいたと。私、すごく灼滅に行きたいです!
   デモノイドあるところ私あり!」

アリス「私たちが行っても、経験値が無駄になるわ。カンストしてるか、既に確定
   してる面子だもの」

ギィ「自分のクラブからも、ヴァンプに闇堕ちさせられた人が出たっすよ。不謹慎
   っすけど、今がその時でなくてよかったっす。絶対助けるっすから」

アリス「タイミングが難しいわね。出てくるとしたら、戦争での戦域指揮官級かしら?」
紅緋「羅刹の時と同じってわけですね」
ギィ「とにかく、出てきてもらわないとお話にならないっす」
2013.11.08 Fri l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/885-23bb97ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)