【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「ブレイズゲートから、クルセイドソードが回収されましたね」
アリス「騎士をやりたい人には必須の西洋剣ね。待ってた人多いんでしょうね」
紅緋「ディフェンダーさん向けの性能なのかな?」
ギィ「それと兎変身ESPの付いたバニースーツ。元は淫魔が作った眷属のはず
   なんすけど」

紅緋「私着てみたいですっ!」
アリス「あなたにはまだ早いから。まあ、バニースーツにしろクルセイドソードに
   しろ、私たちが使うことはないけどね」

ギィ「皆、装備を固定してるっすからね」

アリス「世間話も終わったところで、依頼の報告会に入りましょうか」
紅緋「はーい」
ギィ「了解っす。と言っても、自分の依頼はまだ返ってきやせんけど」
アリス「まずは私からいくわね。」

  シナリオ『青い瞳の吸血鬼』

アリス「ヴァンパイアに闇堕ちしかけてた英国人の少年を救ってきたわ」
ギィ「英語を上手い具合に織り交ぜてるっすね」
アリス「同国人でよかったわ。中東とかパキスタン出身とかだと、英語が通じるか
   分からないもの」

紅緋「次は私でーす。まず一つ目。シャドウに闇堕ちしかけてた少年を救出してきました」

  シナリオ『りんごをくれなきゃすりおろしちゃうゾ!』

アリス「小学生だけあってほのぼのね」
紅緋「助けた藤孝さん、私がいるクラブに来てくれたんですよ。これからは仲間です」
ギィ「助けた相手が実際に来てくれると、嬉しいもんっすよ」
紅緋「それからもうひとつ。早まって運命を使って飛び込んだ依頼です。ちょっと
   待ってれば、クロキバさんの依頼に入れたのにな」


  シナリオ『とある色ボケジジィの今さらハーレム計画』

ギィ「タイトルからしてひどいっすね」
アリス「いや、あんたの老後でしょ、これ」
ギィ「自分はこんな手当たり次第じゃないっすよ!」
紅緋「とにかく、淫魔のいけないナースを灼滅して、契約してたご老人方をベッドへ
   送り返しました」

アリス「いけないナースも教室で見かけなくなった。何だったのかしらね、この事件?」
ギィ「ラブリンスター派じゃないでやしょうし、スキュラ派とも違う気がしやすねぇ」
紅緋「今は一つずつ片付けていくのみですっ」
2013.11.12 Tue l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/886-5d0672c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)