【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「アルゼンチンのペソ暴落から始まった金融不安、新興経済諸国に及びだしたっすね」
アリス「アルヘンティーナ、まだデフォルトの法廷闘争が続いてるのね。フォークランド諸島
   に手を出すのを止めれば、GBが支援しなくもないけど」

紅緋「また口先ばっかり」
アリス「もちろん冗談」
ギィ「どこも株や通貨が下がってきてやすが、直撃を受けているのがトルコっすね」
アリス「トルコは中央銀行が対応に乗り出すみたいだから、何とか乗り切れるでしょ」
紅緋「今回の金融不安の原因はなんなんでしょう?」
アリス「特にないっていうのが正直なところね。あえて言えば、英米日の金融当局が通貨の
   流通量を増やしたせい?」

紅緋「ええと?」
ギィ「お金が増える。じゃあ、新興国で割のいい投資をしてみるか。まだ大丈夫かな?
   まだいけるかな? やっぱりダメだー、撤収ー。大体こんなところっす」

アリス「ダボス会議が終わった直後っていうのは気になるけどね。問題があれば会議で議論
   されてたはずだし。――だから、理由は特にない」

紅緋「これで日本では円高・株安に振れますよね。回復の芽が出てきた日本経済は大丈夫
   でしょうか?」

アリス「所詮は小国が風邪を引いただけよ。世界的に見れば大したことない」
ギィ「そうなってくれるといいんすけどねぇ」
2014.01.28 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/917-3b1a27a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)