【Alice & Guy & Benihi】
アリス「反政府デモが続いていたウクライナ、一気に事態が流動化してきたわね」
ギィ「与党と野党が21日に締結したばかりの危機回避合意文書が破られて、治安機関はデモ
   隊について、ヤヌコビッチ大統領はキエフから東部に脱出。ハリコフ市で徹底抗戦の構え
   と」

紅緋「やだなー、内戦ルートじゃないですか、これ」
アリス「大統領側はロシア、野党側――おそらくティモシェンコ女史が指導者に返り咲くん
   だろうけど――の方はEUがそれぞれ支援してるから、お互い強気なんでしょう」

紅緋「与野党の合意が一度破られてますからねー。お互いが交渉するだけでもハードル高い
   ですよ」

ギィ「とはいえ、こうなるにはそれなりの素地がいるわけで。1910年代後半に、東部・中部は
   ウクライナ人民共和国、西部は西ウクライナ人民共和国に分裂したっす。この地域対立
   が再燃したら、手を付けられない事態になるっすよ」

アリス「ロシアもEUもそれは望んでいないでしょう。ウクライナを通る天然ガスパイプ
   ラインが破壊されでもしたら、取引が出来なくなる」

紅緋「でも、軍部や民兵組織が暴発する可能性は常にありますよ?」
ギィ「そこなんすよね。治安部隊=内務省は野党についたらしいんすけど、軍部の動きが
   伝わってこない」

アリス「両勢力の背後にいる面子は、落としどころをどこにするつもりかしらね。ポーランド
   分割の再現にならないといいけど」
2014.02.23 Sun l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/925-3db8430c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)