【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「戦争間近っすけど、闇堕ちしてたうちの部員さんを助け出してきたっすよ」

  シナリオ『Wandering Phantom』

紅緋「あ、この人シャドウだ!」
ギィ「こらこら、灼滅しちゃダメっすからね」
アリス「でも、よく助けにいけたわね。闇堕ち依頼も競争率高いでしょう?」
ギィ「そこはまあ、奇蹟みたいな感じで。OPのリリース当日に前の依頼の相談が終わって、
   ちょうど運命が3点あって。それならって全力で突っ込んだっすよ」

アリス「架蓮、か。彼女となら美味しくお茶が飲めそうね」
ギィ「架乃さんもいい人っすよー」
アリス「それはそれで、私たち三人、全員が依頼に入ってるのよね。競争率を考えると、運を
   無駄遣いしたんじゃないかって怖いけど。私、一週間は落選する覚悟だったのよ」

紅緋「私が明朝出発ですから、この状態も今日限りですねー」
2014.03.26 Wed l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/936-f9b6d8c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)