【Alice & Guy & Benihi】
アリス「学園レベルって、追いつきそうなときに限って上がるのよね」
ギィ「あと一週間遅れてればってところだったっすね」
紅緋「そして、新武器『断罪輪』が登場ですー」
ギィ「自分たちは専用武器持ってるっすから、持ち替えはないっす」
紅緋「WOKシールドと契約の指輪だけだから、私使えないかな?」
アリス「サイキックエナジーが干渉するとか何とかあるんでしょう」
ギィ「最近の話題といえば、ロードローラーにスキュラが残した霊玉、そして奴隷ヴァンプ」
アリス「ええ、奴隷ヴァンパイアを一人灼滅してきたわ」

  シナリオ『シュヴァルツ・スクラーヴェ』

アリス「色々戦い方を考えさせられる依頼だったわ。もう少し前衛らしく動かないと、これ
   からは通用しないかも」

紅緋「アリスさんのスタイルはスナイパー向きですからねー」
ギィ「自分も奴隷ヴァンプを狩ってきたっすよ」

  シナリオ『血塗られた百合の手に』

ギィ「こちらは数で押して、危なげなく灼滅っす」
アリス「相変わらず、ヴァンパイアが相手だと人が変わるわね」
紅緋「さて私は奴隷ヴァンパイアじゃなく、新宿迷宮戦の後始末にいってきました」

  シナリオ『彷徨う黒い災厄』

紅緋「推理が当たると気持ちいいですね。しかも、余裕で勝ちました」
ギィ「戦いの前の遣り取りとか、殺伐としてるっすけど」
紅緋「それでも、新宿迷宮で戦った羅刹よりは弱かったですよ」
アリス「私は残念ながら行けなかったけど、あの戦いは厳しかったみたいね」
ギィ「自分、重傷喰らったっす」
紅緋「ま、次はロードローラーですね。私は餃子怪人との共闘が楽しみです」
2014.05.12 Mon l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/953-115012b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)