【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「集団的自衛権の憲法解釈変更が閣議決定されたっすねぇ」
アリス「安全保障環境を考えれば、当然ね。次は自衛隊法の改正。そこでも一悶着ありそう
   だけど」

紅緋「国が守るべきは国民であって、憲法じゃないって言うのに、あちこちで解釈変更反対
   の声が出てますよねぇ。そういう人たちは『国滅びて憲法あり』でいいんでしょうか?」

ギィ「日本人は、武力行使にアレルギーがあるっすからねぇ。自衛隊出ないと活動できない
   地域での支援とか、災害救助とか、『軍』でなければ出来ない国際貢献もあるっていうのに」

アリス「イラクのサマーワでの支援とか、今でも語りぐさよね」
紅緋「イラクっていえばイラク・レバントのイスラム国が、シリア北部からイラク中部にかけてを
   制圧して、『イスラム国』の樹立を宣言してますけど」

アリス「今更教主カリフを持ち出してくる当たり、自分たちがイスラーム世界の盟主になるって野心
   がだだ漏れだわ」

ギィ「日本はどういう風に関わっていくべきっすかね。イラクからシリア、ヨルダンを経てイスラエル
   まで。混迷は深まる一方っす」
2014.07.01 Tue l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/980-7d73458e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)