【Alice & Guy & Benihi】
アリス「紅緋に続いて、私たちもそれぞれ、ダークネスを灼滅してきたわ」
ギィ「やっぱ、相手がダークネスだときついっすねぇ」
紅緋「まあ、その緊張感を求めて、眷属依頼や都市伝説依頼に行かないようにしてるん
   ですし、強い相手と戦えるのは喜びと思ってましょうよ」

ギィ「おおう、見事なアンブレイカブル思考」
アリス「それじゃまずは私からね。手駒を失った屍王がその補充に墓場に出てきたところを
   灼滅した」


  シナリオ『窪んだ眼窩が見る夢』

ギィ「全力の屍王相手のガチ戦闘っすね。同じ系統の依頼だと、スケルトンを作って消耗した
   屍王を倒そうとして時間切れのところもあったみたいっすけど」

アリス「シンプル・イズ・ベストよ。相手が一人なら、余計なことを考えなくてすむ」
ギィ「それじゃ自分の方も。多分宿敵枠で参加っすね。メンバーには自分の悪友もいたっす」

  シナリオ『狼狩りの男、来たる』

紅緋「今時狼狩りなんて、どこのお貴族様でしょう?」
ギィ「厄介な性格の相手でやしたけど、無事に灼滅っす」
アリス「これで全員、レベル47。カンストが見えてきたわね」
紅緋「もう一息、がんばりましょー!」
2014.07.09 Wed l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/983-384ae46d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)