【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「ただいまっ! 無事帰ってきました!」
アリス「場合によっては闇堕ちするっていうから、心配したじゃないの」
紅緋「ごめんなさい。でも、誰一人犠牲にしたくなかったから」

  シナリオ『さよならリアル』

ギィ「一般人にデモノイドの脇を走り抜けろなんて、相当に無茶っすね。相談で気付いて
   たんしょ」

紅緋「実を言えばそうです。ただ、方向性がもう決まっていて引っ繰り返せなかったので、
   いざというときは闇堕ちの覚悟を決めてたんですよ」

アリス「そういう話は相談で出しておきなさい。次は私でいいかしら?」
ギィ「はい、どうぞっす」
アリス「久々に古の畏れを灼滅してきたわ。純戦だけど、この程度じゃ物足りないわね」

  シナリオ『濡れた女』

紅緋「またスサノオがうろついてますねぇ」
アリス「ご当人と出会えるかは、運次第」
ギィ「さて、最後は自分っすね。ソロモンの悪魔『ザ・ワンド』配下の強化一般人を灼滅して
   きたっす」


  シナリオ『藍色のパズル』

アリス「ザ・ワンドの配下を灼滅するのは、二回目だったわね」
ギィ「ええ、今回もまた本体とは戦えずじまいっした。いつかあのふざけた仮面を割って
   やるっす」

アリス「その調子でがんばりなさい。さて、学園祭効果か、学園レベルが上がって、3日で
   カンスト解除なのよねぇ」

紅緋「ラブリンスターさんが言ってたこと、気になりますね。戦争の前触れで何かが起こるん
   でしょうか?」
2014.07.24 Thu l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://barkeley.blog41.fc2.com/tb.php/987-e397d79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)