【Alfred & Arturo & Tsurane】
アーティ「ダモクレスの次の行動は、載霊機ドレッドノートの占拠だったか」
アルフ「ボクらもそれを予想して周回はしてたんですけどね。」
連「優先指定者の人は一週間で100回周回がボーダーだったんでしょ。一日辺り14回。デス
   マは15分で一回だから、最大限高速で回しても一時間4回。14÷4=3.5。一日に
   三時間半費やせば、私たちも招待されてたかもしれないわ」

アーティ「無理言うな。俺等はせいぜい30回くらいで限界だったろ」
アルフ「ですよねー。100回越えなんてとてもとても。達成した方々は尊敬ものです」
連「で、事態を改めて整理すると、この間発掘された弩級兵装を回収したダモクレス軍団が、
   修復中の弩級ダモクレス載霊機ドレッドノートを復活させるべく、弩級兵装を取り付ける
   作業中。ご丁寧に、ヘリオン迎撃用の対空砲台まで設置してくれてるわ」

アルフ「稼働するための動力となるエンジン、巨体を制御する神経系、地に足を付けて歩く
   ための脚部。それから、擬似的な心を持つイマジネイターのドレッドノートとの融合。
   砲台を含めた5つの目標を取捨選択して、撃破しておかないといけません。それには
   40あるチームが連携しないと難しいんですが……」

アーティ「宿敵も絡んでくるから難しいんだよなぁ。戦略的重要度の低いイマジネイターが多数
   の宿敵を引き連れてるから、全体の目標を取るか、個人の因縁清算を取るかって話に
   なっちまう」

連「だけど、二つくらいは目標達成しないと、強襲作戦の後の載霊機ドレッドノートとの戦争が
   厳しくなるよ」

アルフ「だからといって、方針を押しつけられるわけでもないですし。全ては作戦に参加する
   ケルベロスの皆さんの手に委ねられたわけです」

アーティ「俺等は吉報を寝ながら待つしかねぇな。今回の作戦が終われば、戦争も見えてくる。
   今回から師団の相談に出るぞ。今のうちに英気を養っておくんだな」
2017.03.31 Fri l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
連「日本各地で行われていたダモクレスの弩級兵装発掘作戦、無事に妨害成功だね」
アルフ「シールドとウィングの破壊に成功。エンジンと頭脳にも打撃を加えています」
アーティ「残ってるのは、要は頭と心臓だろ。一番潰しとかなきゃならない部品じゃねぇか」
連「それで参戦した人の成果が損なわれるわけじゃないわよ。頭脳とエンジンの修復には
   時間がかかるだろうから、その間にダモクレスの次の企みを潰しましょ」

アルフ「『弩級』といえば、今はダンジョンになってる弩級ダモクレス・載霊機ドレッドノート」
連「ここの制覇数を積み上げれば、何かがあるかもしれない。いま現在は、237,177回。
   目標が30万か50万か知らないけど、できる限り協力しましょ」

アルフ「先は長いですねぇ……」
2017.03.24 Fri l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
アーティ「今年に入ってから、本当に休む間もないな」
連「ダモクレスの大攻勢に死期の迫ったドラゴンの来襲、あと恋の病魔も」
アーティ「とりあえず、俺はダモクレスの主力級の機体を一体破壊してきた」

  シナリオ『殲虐の姉妹、射影の翠』

アルフ「一連のシリーズとして作成された機体の一体なんですね。最後にロールアウトした
   機体が、今ではレプリカントになって先行機と戦っていると」

アーティ「わがまま言わずに普通のケルベロスみたいに振る舞ってくれて助かったよ」
アルフ「面制圧を得意とする重火器使用のダモクレス……ハードな相手でしたね。無事に
   帰ってきてくれてよかった」

アーティ「何しろ、このあとすぐに釧路湿原へ飛んで死神の相手をしなけりゃならないんでな。
   怪我なんてしてる暇はねぇよ」

連「古のヴァルキュリア、レギンレイヴと彼女に従う死神たちが幽閉された、釧路湿原地下の
   牢獄空間。重力がなんだかおかしいみたいだし、気をつけてね」

アーティ「つっても、相手は狂いかけたただの死神だ。いつものように始末してくるさ」
アルフ「ケルベロスが釧路へ向かうのを見越したように、ダモクレスは弩級兵装の発掘作業を
   始めました。それぞれ『弩級高軌道飛行ウィング』『弩級絶対防衛シールド』『弩級外燃
   機関エンジン』『弩級超頭脳神経伝達ユニット』。四カ所で発掘修復されているそれらを
   破壊するための大作戦。目標には指揮官機コマンダー・レジーナも含まれます」

連「参戦できるものならしたかったわね」
アルフ「今回はボクらの出番はないみたいですよ。残念ながら」
連「しばらくはみんなが依頼に出かけるのを、指をくわえてみているだけか」
アーティ「ミッションコンプリートで我慢しとけ。おまえ等はやけに簡単に突破した15-4、俺は
   突破まで3時間はかかったぞ」

アルフ「それは編成の問題でしょうね」
連「レベルアップまでもうちょっとだったのにな……」
2017.03.10 Fri l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
アーティ「バレンタインも、すっかり過ぎ去ったなぁ。結構ベストプレイスへの招待ももらったが、
   一言顔出しするしかできなかったのが心苦しい」

連「旧代と合わせると結構な数になるから、仕方ないけどね」
アルフ「日本のSt.ヴァレンタインズ・デイは、もうちょっと自重するくらいが丁度いいんですよ」
連「んー。そう言われても、楽しめるものは楽しむのが日本人だし?」
アーティ「まあ、甘い物好きなら、この時期は天国だろうな」
アルフ「ホワイトデイの存在をお忘れなく」
連「さて、依頼が返却されてきたわ」

  シナリオ『魔壁』

アルフ「噂に名高い、『デスマスター』ですか」
連「八対一で袋叩きにしたから、大したことなかった。やっぱりデスマスター本人が出てきて
   くれないと」

アーティ「MS違うしな。そこはしゃーない」
アルフ「ボクのミッション破壊依頼と《蠍》さんのドラゴン依頼も、そろそろ返却ですよ。あんまり
   余裕ぶってられないと思いますが」

アーティ「死ななきゃいいんだよ、死ななきゃな。生きてる限り。光雷竜バルバレルへの復讐を
   成し遂げるまでは、後に引く気はねぇぞ」
2017.02.15 Wed l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「調停期の末期に、ロシアのブトラナ台地ごと消滅した都市イガルカ市が、ダンジョンと
   化して富山平野に現れたそうですよ」

アーティ「早いところ乗り込んで、この目で実情を確かめたいところなんだがな。いかんせん
   ★が無いと探索できん」

連「世知辛いわねー」
アーティ「あのロシアの抉れた地域のことは、調査したいって事後行動に送ったこともあるん
   だが」

連「同じこと考えた人は山ほどいると思うわよ。もっとひねらないと」
アルフ「それこそ今回の事態をピタリと当ててなかったら、黙殺でしょうね」
アーティ「ネタビルシャナと違って、それ以外の情報収集は難しいからなぁ」
連「さて、私たちが探索できるようになるのはいつになるのかしらね? 早いところ★が欲しい
   ものだわ」
2017.02.10 Fri l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲