【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
アルフ「東京上空五千メートルにあるドリームイーターのゲート。そこから伸びてきたジュエル
   ジグラットの巨大な手を排除する『寓話六塔戦争』が12月17日に実行されます」

アーティ「敵は『赤ずきん』に『継母』『青ひげ』『ウルフクラウド』『ポンペリポッサ』。俺達が討滅
   した『王子様』以外の寓話六塔勢揃いだ」

連「とは言っても、『青ひげ』と『継母』が守るゲートの破壊成功確率は17%しかないから突っ
   込むのは無謀。『ウルフクラウド』と『ポンペリポッサ』は不死だからどうしようもない」

アルフ「今回は『赤ずきん』を討滅してジュエルジグラットの手を押し返すと共に、失伝職能者
   の末裔の方々を救出して職能についての情報収集をする、二面作戦が必要です。
   上手く師団単位で割り切れればいいんですが」

アーティ「そういや、その囚われた失伝ジョブの末裔、助けてきたんだろ?」
連「ええ、あたしとセレネーと、それぞれ役目を果たしてきたわ」
セレネー「ど、どうもです」

  シナリオ『失伝攻防戦~風にまかするなよ竹の群』
  シナリオ『失伝攻防戦~争奪のマトリョーシカ』

連「あたしの方は、ディフェンダー二人だと思ってたら、実は一人で頑張らされたってオチ。
   まあ、みんなをしっかり庇って、出番は多かったからいいけどね。あれでよく戦闘不能
   にならなかったもんだわ」

セレネー「レンさんはすごいですね。私は、かろうじて道化師を退けたくらいで」
アーティ「そういうのは謙遜が過ぎる。7日発令の23次ミッション、俺やアルフが制覇してない
   のに、おまえさんと連はもう全部終わらせてるじゃないか。どうなるかはチームへの
   貢献度で決まるんだよ。もう少し自信持て」

セレネー「あ、はい……」
アルフ「この先は、戦争に向けて一直線。師団での相談頑張りましょう!」
2017.12.09 Sat l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
アーティ「おいおい、なんだってんだよ。空から生えたあのばかでかい『手』は」
アルフ「寓話六塔『王子様』が言い残した『ジュエルジグラットの抱擁』って、このことだったん
   ですね」

連「なんて言うか、そのまんま過ぎるよ……」
アルフ「事前に『王子様』の計画を全て潰せておけて幸いでした。今ならまだ間に合うはず
   です。あれと戦いましょう」

セレネー「ただいまー、色々情報もらってきましたよ-。例の失伝職能者もこの件に絡んでいる
   ようです。寓話六塔『赤ずきん』が失伝職能者の末裔をさらっていた件ですが、洗脳して
   彼らの駒となるケルベロスに仕立て上げようとしたようです。でも、私達の調査の結果、
   それを実行する前に割って入ることができる!」

連「そういうことなら、まずは人助けね」
セレネー「はい、ドリームイーター達はさらった人を連れてゲートまで退却しようとしています
   から、そこを叩ければ救出も可能です」

アーティ「ゲートか。あの腕が生えてる空間がそうなんだろうな」
セレネー「位置は東京上空五千メートル。私の翼でも届きません。おそらく、あの腕に飛び
   乗って攻め上がることになるかと。それから全世界決戦体制に移行した場合の戦争
   勝率ですが、へリオライダーの算定で17%!」

アルフ「……厳しいなぁ」
連「それでもこれまで、どんなデウスエクスにだって屈せず戦ってきたんだ。今度も必ず
   勝つ!」

アーティ「他の寓話六塔やオネイアス幹部の残党が気になるが、今は目の前のことに対処する
   しかないな」

セレネー「はい! ドリームイーターの思惑、皆悉くひっくり返しましょう!」
2017.11.24 Fri l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
連「ワイルドスペースで、失伝した職能の手がかりが見つかったんだって?」
アーティ「どうもそうらしい。ケルベロス誕生以前に、弱いながらもグラビティが使えた人々が
   いたという。ただし、それでデウスエクスを殺すことは出来なかったし、使用には禁忌
   とも言える代償が必要だったという」

アルフ「その末裔の人々が、昨年の七月頃から相次いで失踪しているそうで。その時期に『赤
   ずきん』を見たという目撃情報もあります」

連「『赤ずきん』って言うと、あれよね? ドリームイーター」
アルフ「断言は出来ませんが、その可能性は高いかと」
連「で、あたし達はどうすればいいの?」
アーティ「ああ、日本全国に散って、情報収集だ。こうなると分かってたら、情報収集の権利を
   取っておいて、ここで使ったんだがな」

連「それはあたしが引き受ける。あと、セレネーは?」
アーティ「一足先に調査に向かわせた。さて、どこから何が出てくるか」
2017.11.20 Mon l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「先週は、ワイルドスペース内の『王子様』の居城発見、ダンジョン螺旋大伽藍の新領域
   解放、第二十二次ミッション発令と色々ありました」

アーティ「今更遅いっての。話題の鮮度が落ちてる。誰のせいだ、おらぁ?」
アルフ「……ひっ!? その、ボクが昨夜遅くまでミッション22-5を突破できなかったせいです」
連「あたし達がサポートに入るだけじゃ足りなくて、結局、入団受理待ち旅団から来てくれてた
   援軍の方に戦法変更のお願いまでしたわよね。ああいうのはもう無しにしよ」

アルフ「ど、どうでしょう? 結局そこで戦法を変更していただけたから22-5を突破できたのは
   事実で。無理強いするわけじゃありませんから、お目こぼし願えませんか?」

連「ま、支援頼りなのは皆そうだから、分からなくはないけどね。お願い事はよっぽどの場合
   だけよ?」

アルフ「……はい」
アーティ「さて、『創世濁流』ワイルド・マッド・ストリーム計画をドリームイーターが実行したことで、敵の本拠地が
   山梨県内のワイルドスペースだと見破れたわけだが」

連「あたしはトランプ衛兵への陽動作戦に参加してるわ。『王子様』の討滅は専任のチーム
   30人に任せた」

アルフ「『創世濁流』計画は、どんな結果になったでしょうね? 確か《蠍》さんが参加してるん
   でしたっけ?」

アーティ「ああ、行きつけの酒場風喫茶店の前オーナーの姿を写し取ってたからな。世の道理
   って奴をしっかり叩き込んでくるつもりだ」

連「こっちは、数の暴力が相手。オネイロス最強戦力の一角『公爵夫人ダチェス』を八人で相手する
   ベッカよりはよっぽどましだけど、色々難しいよ」

アルフ「制限時間があるのが厳しいですね。30分で外敵の強制排除を可能にする超越の魔女
   が、真っ先に討滅されていればいいんですが」

アーティ「つっても、あれは残霊だろ? 本体はどこだ? 戦争にでも出てくるつもりか?」
連「全世界決戦体制ケルベロス・ウォーも、発動がいつか見通せなくなった。少なくとも『王子様』決戦の結果が
   分からないと。それで、戦果次第では、戦争無しで解決かもね」

アルフ「全世界決戦体制はやらないに越したことはありませんからね」
2017.11.12 Sun l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
連「今年もケルベロスハロウィン開催ね。ハッピー・ハロウィーン!」
アルフ「それに合わせて、例年通りドリームイーターが動き出しました」
アーティ「『創世計画』……違った。『創世濁流』ワイルド・マッド・ストリーム。日本全土をワイルドスペースに飲み
   込んでモザイク化しようという、壮大なんだか馬鹿馬鹿しいんだか分からない計画だ」

アルフ「ワイルドスペース内でまともに動けるのは、ドリームイーター以外は想像力ドリームエナジーを自給
   できる定命の者だけですか。それで、他のデウスエクスは恐るるに足らずということ
   ですね」

連「まずは、橋頭堡となるワイルドスペースを一つ一つ潰していかないとね」
アーティ「幹部級もどこかに現れるって話だから厄介だな」
アルフ「そして、ワイルドハントを潰していくだけでは、首魁たる寓話六塔ジグラットゼクスが一柱『王子様』
   には届きません。きっとワイルドスペースを殲滅してから全世界決戦体制ケルベロス・ウォーに突入する
   ものと思われます」

連「螺旋血死戦スパイラル・ウォーから結構たったし、そろそろかしらね」
アルフ「覚悟だけはしておきましょう」
2017.10.31 Tue l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲