【Alice & Guy & Benihi】
アリス「さて、今日はちょっと前の面白い記事から」

  『卵の白身が高強度の新素材に 医療、食品…応用に期待』(2018年01月27日付 産経新聞)

紅緋「卵白に水と界面活性剤を加えて加熱しただけで、ゆで卵の150倍も硬い新素材が出来
   たんですか。台所はまさに科学の母ですねぇ」

ギィ「プロセス自体は単純、材料も豊富にある。これからの技術開発が面白くなりそうっすよ。
   でもこれ、ゆで卵の150倍って言われても、ぴんとこないっすねぇ……」

アリス「現象を発見した教授は蛋白質化学の人だから、畑違いの材料工学分野での論文作成
   に苦労したみたいね。でも本当、これからが楽しみ」

ギィ「続いては、ボルドーワイン委員会のプレスリリースっす。ボルドーの畑は大変なことに
   なったみたいっすよ」


  『仏ボルドーのワイン、霜害で生産量4割減 戦後最低に』(2018年02月01日付け AFP通信)

紅緋「ああ、せっかくの葡萄が……。ボルドーの農家の方、大丈夫なんですか?」
ギィ「正直、プラスマイナス両面があるっすね。葡萄の果実が減るということは、残った果実に
   栄養が注ぎ込まれて凝縮されるってことっすよ。その葡萄を上手い具合に醸造して
   やれば、減産を補ってあまりある金額が手に入りやす。一流シャトーは元々出来の
   悪い果実は間引いてたっすから、それを自然がやったと思えば」

アリス「でも、いくら量より質とはいえ、ワイン生産量は前年比40%減よ?」
ギィ「2017年ヴィンテージは、間違いなく高騰するでやしょうね。その価格が上がった空隙を、
   低価格ワインが埋めていくのか、一流シャトーが牙城を守るのか。興味深いっす」

紅緋「一番被害を受けたサンテミリオンってアペラシオンは、背後さんが愛するシャトー・ルシア
   の産地ですね。状況はどうなっているんでしょう?」

ギィ「んー、プレスリリースは個別の生産者のことまで触れてないっすからねぇ。幾つかの
   シャトーは、今年のワイン醸造を諦めたと読める数字っす。ただ、ルー・デュモンじゃ
   ないっすけど、ワインは天・地・人。気象条件と土地の性質に人の情熱が合わさって
   初めて完璧になるっす。こういう苦難の年こそ、シャトーの地力が試されるっすよ」
2018.02.01 Thu l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
アルフ「黄昏時のオフィス街を襲ってきた竜牙兵の討滅、無事完了です」

  シナリオ『黄昏を血の色に染めて』

アルフ「おおよそ一年ぶりの依頼。少し疲れました……」
アーティ「おいおい、若人がそれじゃあいけねぇなぁ。もう少し胸を張ってみろ」
アルフ「もう。やることはきちんとやってきましたから。とどめだって刺したんですよ」
連「嫌みなおじさんの言う事なんて、気にすることないって。お勤め、おつかれさま」
アーティ「誰がおじさんだ」
連「おお、怖い怖い♪」
セレネー「落ち着きましょう、皆さん。今回はアルフレッドさんの凱旋をお祝いする
   報告会でしょう」

アーティ「ああっと。まあ、そういう名目だわな」
連「ん、空気を悪くしても仕方ないもんね。改めて、アルフはおつかれ」
アルフ「いやまあ……結局大したことはしてませんし」
セレネー「過ぎた謙遜もよくないですよ。無事に帰ってきたことは誇るべきです」
2018.01.30 Tue l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「また一件、都市伝説の事件を解決してきました」

  シナリオ『魂魄映したる影踏めば』

アリス「影踏み鬼か。こういう昔からの遊びは、どこにでもあるものね」
ギィ「紅緋ちゃんがノリノリで語ってるのが、またなんとも」
紅緋「呪術絡みは専門分野ですので。三体の影踏み鬼も、苦戦することなく灼滅できました」
アリス「今回も、紅緋がカンスト一番乗りか。私は2月3日だって確定してるし。後はギィね」
紅緋「相変わらず、後手に回りますねぇ。実は背後さんに嫌われてるんじゃありませんか?」
ギィ「んなわけないっしょ。自分もすぐに次の依頼に入って、追いつくっすからね」
2018.01.30 Tue l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「こうも依頼がないと、都市伝説を潰しに行くしかないっすねー。たまにヴァンプの依頼とか
   ご当地が出やすけど」

紅緋「都市伝説とご当地と眷属は何があっても行かないんだーっていう意地は、もう捨てた方
   がいいですよ。残ってるダークネス組織はどんどん少なくなってるんですから」

ギィ「ええまあ、都市伝説を一概に否定する気は無いっすよ。現に先日の魂の城は十分歯応え
   ありやしたから。ただ、ダークネス依頼に比べるとネタ要素が混じりやすいのは確かで。
   先日行ってきたこれなんかもそうっすね」


  シナリオ『倶利迦羅紋々入湯禁止!』

アリス「タトゥーね。日本では、彫師の人がタトゥーはアートであり施術するのに医師免許は
   必要ないという主張で裁判してると聞いたわ」

ギィ「他にも、日本国外の伝統文化で身体にタトゥーを刻む少数民族の方が、入場拒否される
   ケースもあるとか。ま、自分が潰してきた都市伝説は、そんな小難しい話なんて関係
   ないっすけどね」

紅緋「そういえば、刺青羅刹はどこへ行ったんでしょう? 朱雀門高校に所属していた刺青
   羅刹・鞍馬天狗の動向がまったく伝わってきません。朱雀門壊滅の時にデモノイドに
   改造されたわけもなし……」

アリス「考えても無駄そうね。推理を送らないと。私は、運良く絶滅危惧種ソロモンの悪魔を
   灼滅できたわ」


  シナリオ『集え、魔法少女よ!』

ギィ「これ、昔だったら悪魔の信者の強化一般人がやってたことじゃあ? 自分、ザ・ワンドの
   ところへ辿り着くまで三回かかったっすよ?」

アリス「それだけ悪魔の業界も衰退してるってことでしょ。ご当地怪人に洗脳されて取り込ま
   れるのも時間の問題みたいだし」

紅緋「ご当地悪魔爆誕……。それにしても、ソロモンの悪魔が相手とは思えない軽さですね」
アリス「私たちの力が上がったというべきか、敵の質が落ちたのか」
紅緋「うーん、個々人の力は高くなってきてると思いますけど。敵の質はどうですかね?
   都市伝説か、それに類する程度の敵がほとんどみたいで」

ギィ「まあ、いいっす。相手がなんだろうとさっくり灼滅して、カンストしたらぐーたらして過ごす
   っすよ」

アリス「そうね。『民間活動』の投票権稼ぎはやる気のある人に任せて、ゆっくりするのも悪くは
   ないわ」
2018.01.27 Sat l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
アーティ「『寓話六塔』ポンペリポッサに囚われていた失伝者たちが全員救出されて、錬成室で
   失伝ジョブへのジョブチェンジができるようになった」

連「待ってた人は多いでしょうね。これからは、高レベルの失伝ジョブの人と会うことも多くなり
   そう」

セレネー「私も待ってた人間だけど、いざ出来るようになると、ちょっとためらいが出てきちゃう
   わね」

アルフ「ジョブチェンジしてみて、合わないようなら戻せばいいんですから、まずは試してみたら
   どうです?」

セレネー「うーん、軽々しいのはちょっとね。もう少し考えてみる。依頼に入ってる以上、どうせ
   ジョブチェンジ出来ないもの」

連「そして、合体技ワイルドグラビティも使えるようになったわね」
アルフ「複数バトピンが必要ですから、ボクらの中で使える人はいませんね」
セレネー「ピンナップが必要っていうのは、ハードル高いよ。そもそも私は普通のオリジナル
   グラビティだって持ってないんだし」

アーティ「★の格差社会か……」
2018.01.24 Wed l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲