【Alice & Guy & Benihi】
アリス「『ひとつのソウルボード』をどうするかという全体投票について、評決が出たわ。選ば
   れた選択肢は、『全人類76億人を全てサイキックハーツに到達させる』。これで、人類
   はサイキックと寿命以外で死なない存在になった。既に、『奇跡の生還』のニュースが
   沢山流れてる見たいね」

ギィ「ま、予想通りと言えば予想通りっす。サイキックハーツが複数いる現在こそ、サイキック
  ハーツに全ての知的生命体の魂が吸い取られる現象は起きてないっすけど、ダーク
  ネス同士の大戦で勝ち残る陣営が確定するまでの猶予期間みたいなものっすからねぇ。
  どこかが勝ち残った瞬間に人々の精神が奪われることになるところだったっすよ。ただ、
  全人類がサイキックハーツと化したので、魂を奪われることもソウルボードを利用される
  こともなくなったっす」

紅緋「これであとは、他のサイキックハーツと雌雄を決するのみですね。敵は強力なもの
   ばかりですが、何としてでも勝ちましょう」

アリス「と、その前に、『ひとつのソウルボード』が全人類に宿ったお陰で、闇堕ちして行方不明
   だった人たちの行方がつかめたわ。まずは彼らの救出が優先」

紅緋「ギィさんもご縁がある人が闇堕ちしてましたよね?」
ギィ「ええ、大事な恋人っすよ。最後の機会っす。“戦神”アポリアじゃなくあきらを連れて帰る
   っす!」
2018.06.05 Tue l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Guy & Benihi】
紅緋「スペインは、カタルーニャ独立容認派がラホイ首相に不信任を突きつけて、政権交代
   しましたね」

アリス「バスク系政党も動いてたみたいだけどね。カスティーリャはどこまでカタルーニャの
   『独立』を認めるつもりなのか?」

ギィ「イタリアは、旧北部同盟の系譜に連なる政党・同盟が、新興の政党・五つ星運動と連立
   政権を結成したっす。北部同盟は富裕なロンバルディアなどのイタリア北部を独立させ
   たがってた政党っすから、状況はスペインと似たようなものっすね」

紅緋「どちらの政局も、欧連からの遠心力として働きますよね」
アリス「イタリア新内閣は、明確にEU懐疑派。スペインも似たようなものじゃないかしら。いき
   なりGBに続いて欧連から離脱することはないと思うけど、もう“欧州合衆国”とか
   “ひとつの欧州”とかいう夢は消えてなくなったわね」

ギィ「欧州連合への中央集権へのカウンターのように噴き出してきた、地方主権を推進する
   勢力。欧州の政治地図はかなり変わるっすよ」

紅緋「それぞれまったく逆方向に引っ張ってるわけですよね。その間の欧連は、股割き状態に
   なりませんか?」

ギィ「統合推進派は、フランスとドイツが両翼っす両国が伊・西の新政権にどういう態度を示す
   か。今月のサミットでは注目っすね」

アリス「ただでさえUSAが鉄鋼・アルミニウムへの高率関税で貿易戦争を始めようって時に、
   身内でいがみ合うのは止めてほしいわね。今は欧日墨加で対米包囲網を組んで、
   トランプに現在の状況を分からせないと」

ギィ「合衆国も、貿易戦争やるなら中共とだけにしておけばよかったのに」
紅緋「この状況で、ロシアの存在が不気味です」
アリス「どう動くのが特か見極めようっていうんでしょう。ロシアの対米貿易額は大きくなかった
   はずだしね」

ギィ「ともあれ、またごちゃごちゃややこしくなりそうっすよ」
2018.06.01 Fri l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「ども。ソウルボードでの戦いから帰ってきたっすよ。と言うにはいささか時間がかかり
   やしたか」

アリス「まあ、報告書33件を全部読んでたからね」
紅緋「疲れましたー。ギィさんの報告書はこれですね」

  シナリオ『【民間活動】精神防衛戦~魂の在り方』

ギィ「うい。ブレイズゲートボスの屍王『倭華裏狂姫』が相手だったっす」
アリス「皆が戦い抜いてるのに、一人だけ落ちてるのって、すごくダサい」
紅緋「焦りと感情活性化してなかったことが敗因だってばっさりやられてますね」
ギィ「感情周りのシステムが面倒くさいんすよ。自分みたいに公開感情が100近いと、一人
   ずつ入れ替えしていくことになって、とてもやってられないっす」

アリス「はいはい、言い訳言い訳。それじゃ、今回何者が出てきたか整理してみましょうか?」

爵位級ヴァンパイア:“十字卿”シュラウド、“魔女”バーバ・ヤーガ、不壊者アタワルパ
ノーライフキング:倭華裏狂姫、白薔薇の君
六六六人衆:マンチェスター・ハンマー、ジョン・スミス、ドーター・マリア、八波木々・木波子
ソロモンの悪魔:オセ、ザガン、ヴァレフォール、ウウァル、アムドシアス、フュルフュール、サレオス、クロケル、白百合、リュシアン・ジレ
羅刹:鞍馬天狗、“聖女”ガラシャ
ご当地怪人:アフリカンパンサー、アメリカンコンドル、おフランスベルサイユ怪人、インドゾウカレー怪人、インドマハラジャ怪人、ミイラアヌビス怪人、バントラインスペシャルマン
デモノイド:ロード・ジルコニア、ロード・テルル、ロード・マンガン、ロード・バナジウム、ロード・ニオブ

アリス「リストアップすると、ソロモンの悪魔とご当地怪人の多さが際立つわね」
紅緋「強さだけなら六六六人衆もかなりのものですよ。」
ギィ「ダークネスの各陣営が、使える戦力を全部出してきた感じっす」
紅緋「それにしても、ご当地はどうしてインドがあんなに多いんでしょう?」
アリス「これだけの敵将たちを相手に全勝したんだから、一般人の応援の力ってすごい
   ものね」

紅緋「……スルーされました」
アリス「そして、精神防衛戦の結果を見届けて、シャドウに闇堕ちした元灼滅者が、武蔵坂学園
   にいまだ何物でもない『ひとつのソウルボード』を連れてやって来たわ」

紅緋「ソウルボードはラジオウェーブを吸収することで意思を持ちそして分裂し、それぞれが
   考えるダークネスをサイキックハーツに到達させたそうです。そして今回学園に来た
   ソウルボードは、灼滅者の側に立ちたいと」

ギィ「即効却下から要検討まで、幅広い選択肢が示されたっすね」
アリス「もうすぐ始まるという、ダークネス同士の『大戦』。それとどう繋げるかも考えないといけ
   ないわね」

紅緋「投票期限は6月4日(月)朝8時30分! 忘れずに投票したいですね」
2018.05.31 Thu l サイキックハーツ(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Benihi】
アリス「一般社会のニュースを語るのも久し振りね」
紅緋「このところ、隣の半島のことばっかりですからうかつに触れられません」
アリス「その点、これは気楽に扱っていいニュースだわ。こんな話題にありつけないなんて、
   運の無い子」


  『ルイ16世時代のワイン、史上最高の1320万円で落札 フランス』(2018年5月27日付AFP通信)

紅緋「計算が間違っていなければ、三本で3220万円なんですが……」
アリス「そうね。私もワインは魔術での使い方以外素人だから、従弟の部屋で調べてきたわ。
   まず、売りに出されたのは、黄ワインヴァン・ジョーヌというジュラ地方特産の白ワインの一種なの」

紅緋「赤でも白でもなく、黄色ですか」
アリス「白ワインの亜種よ。ワイン評論家のマット・クレイマー氏曰く、『もし黄金に味がある
   ならば、ムルソーの味がするだろう』というように、元々白ワインは黄色みを帯びている。
   黄ワインはそれが極端なのね」

紅緋「ええと、生産年ヴィンテージは……1774年!」
アリス「そう。フランス革命前夜のルイXVI世時代に作り出されたものよ。214年熟成! それ
   でもこのワインはまだ生きている」

紅緋「その頃の日本はまだ、江戸時代のまっただ中ですよ」
アリス「二百年以上を過ごしてきたワインたちだけど、新しい持ち主の手に渡ってからはどう
   なるのかしらね? すぐに開けて飲まれるのか、更に数百年受け継がれるのか?」

紅緋「お酒もここまで来れば神がかっているみたいですよ。魂が宿っていそうです。それに
   しても――せっかくのワインの話題なのに、ギィさん、後で知って悔しがるでしょうねぇ」

アリス「でも、このニュースが飛び込んでくるのが明日だったら、ソウルボードからの帰還報告
   とかち合うところだったのよ。日にちがずれてくれて、むしろありがたい」

紅緋「そうですね。久々に一般社会のことが話せて少しすっとしました。ギィさんたちが帰って
   くるのは明日の予定。何がどうなったかしっかり報告してもらいませんとね!」
2018.05.27 Sun l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane & Selene】
アーティ「知り合いの宿縁依頼に行ってきたよ」

  シナリオ『紅蓮の炎はより紅く』

セレネー「お疲れ様です。宿縁依頼は、救出相手とどれだけ親しいかが重要ですけど……」
アーティ「そういやお前さんは、オリグラが出来た時に試し切りに参加したんだっけか?」
セレネー「はい、やっぱりそんな動機からじゃろくな結果にはなりませんでした」
アーティ「俺の方も似たようなものかね。面識は一応あるんだが」
アルフ「宿縁邂逅は、本当に相手と親交が深くないといい役はもらえないですから。参加する
   なら気を付けましょう」

連「参加注意というなら、今次々と封印から解放されてるドラゴンの依頼。難易度難しいって
   いうのは、参加費用があっても躊躇するわ」

セレネー「私たち、レベル50前後ですから……」
アルフ「ボクらの手に負えるとは到底思えない。参加される方々に任せましょう」
2018.05.22 Tue l ケルベロスブレイド(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲