【Alice & Guy & Benihi】
アリス「静岡県議会九月定例会に提出される予定だった『県製茶指導取締条例』の廃止案が、
   県民の八割の反対を受けて、提出が中止されることになったわ」


  『製茶条例廃止案 意見公募の8割「反対」 9月議会提出見送りへ 静岡』(2017年08月03日付 産経新聞)

紅緋「さすが茶所。品質維持のための条例があるんですねぇ。ブランドを維持するには必要
   だと思いますけど、どうして廃止なんてお話に?」

ギィ「あー、イタリアのスーパータスカンみたいなことっすね、これ?」
アリス「さすがにギィは理解が早い。この条例では、静岡で作られた緑茶に別の食品、添加
   物、着色料を使うことを禁止しているの。茶葉の素の実力だけで勝負して、ブランド力を
   高めようという狙いね」

紅緋「はい、そこまでは分かっています」
アリス「でも、例えば静岡で茉梨花茶を作ろうとすると、いちいち知事の承認が必要になるの。
   他のフレバードティの場合も同じ。多様化する消費者の好みにすぐに対応できるよう、
   条例を廃止しようとしたんだろうけど、それを県民はNOと言った」

紅緋「むむ、あちらを立てればこちらが立たずですか」
ギィ「原産地統制保護の法規制ではよく出てくる問題っすよ。自分が詳しいワインで、話を進め
   やしょう」

紅緋「お願いしますっ」
ギィ「EUの統合が進んでるとはいえ、ワイン法などの国内法にはまだまだ違いがあるっす。
   フランスの例ではボルドーが適例っすね。ブルゴーニュは、単一品種でのワイン造りを
   してるっすから」

アリス「赤なら、ピノ・ノワールかガメイ。白はシャルドネとアリゴテ。一種類のワインは、そのうち
   一種類のブドウだけを使って醸造される。ブドウ品種を混ぜない」

ギィ「補足をどうも。それに対してボルドーは数種類のブドウの混醸や独自の醸造法を認めて
   るんすよ。そこにシャトー側の工夫の余地がある」

アリス「年によって混ぜる割合を変えたりね」
紅緋「それはどちらもフランスですよね? さっきはイタリアって言ってませんでしたか?」
ギィ「そう。ワイン法は国ごとにあるんすよ。フランスにワイン法があるように、イタリアにもワイン
   法があるっす」

紅緋「それはそうでしょうね」
ギィ「で、話をイタリアワイン法に移すと、醸造に使うブドウの種類や醸造方法まで、法律で
   決めてるっす。法の定義から外れると、格付けから弾かれるっす」

紅緋「なんだか堅苦しいですね」
ギィ「そういう状況下で、ワイン法の定義や格付けなんて知ったことかという精神で全く新しい
   ワインを世に出したのが、さっき言ったスーパータスカンなんすよ。品質のためなら、法
   の定義や格付けに囚われず独自の道を行く。そういうワインは、喝采を持ってワイン界
   に受け入れられやした」

紅緋「ようやくお話が見えてきました。静岡の製茶条例は、イタリアのワイン法と同じことになっ
   てるってことですね」

ギィ「そういうことっす。スーパータスカンは、格付けなしでも高い価格で取引される一躍人気者
   になりやした。一方で、静岡茶の場合は、革新より保守の空気を感じるっすねぇ」

アリス「でも、スタンダードが無いと、そこからの逸脱も出来ないわよ?」
ギィ「いやいや、法を破ることが目的じゃ無いんで。最近は少し基準を緩めたらしいっすね、
   イタリアの法も」

紅緋「静岡の製茶条例も、条例改正で対応するみたいですね。バラエティに富んだお茶が出て
   くるのが楽しみです」

ギィ「条例は1956年施行なんすね。ワインも、これくらい厳格な、条例や国の法律があれば
   いいのに」

アリス「条例レベルでは、甲州市が原産地統制保護呼称の条例を作ってるわね。他のところ
   は、乾杯条例とかいう意味なさそうな条例ばっかりだけど」

紅緋「やっぱり国レベルで動いてもらわないと難しいんですかねぇ?」
2017.08.03 Thu l 政治・経済 l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Guy & Benihi】
アリス「ブレイズゲート慈眼城をスサノオ化しようとしていたナミダ姫との交渉に行ってきたわ」
ギィ「まずまず有益な話し合いは出来たと思うっすね」

  シナリオ『慈眼城のナミダ姫~求めし道の彼方へ』
  シナリオ『慈眼城のナミダ姫~選ぶべき道は』

アリス「スサノオ達の目的は、垓王牙に抑えられていた力を取り戻し、スサノオ大神に至ること。
   ただ、そうなった時にサイキックハーツへ到達してしまう可能性があるわ。どう対応する
   か、学園内で改めて検討が必要ね」

ギィ「自分の方は、古の畏れの扱いを申し入れたっすよ。今後、古の畏れを呼び起こした時
   は、自分達で片付けてくれるそうっす。これで一つ手間が減ったっす」

紅緋「ただ、このタイミングで、儀式の邪魔をするように慈眼城に灼滅者が突入したことに
   ついては、『偶然』という言い訳を受け入れてはくれましたけど、見透かされたみたい
   ですね。これも借りになってしまうでしょうか?」

アリス「今回の交渉の結果は、以下のようなものね」

 1 スサノオは儀式を行う前に、武蔵坂学園に告知する。
 2 武蔵坂学園は可能な範囲で、探索を控えるなどして儀式を邪魔しない。
 3 それが守られるのならば、六六六人衆とアンブレイカブルとの決戦時には、スサノオは武蔵坂学園に協力する。
 4 ガイオウガの尾をスサノオに引き渡した場合、スサノオは、ブレイズゲートの半数を武蔵坂学園が管理する事を認める。

ギィ「戦いたくはなくても、種族の長として馴れ合いはしないってことっすね」
アリス「扱いが難しいのは垓王牙の尾ね。あの中にはイヌガミヤシキやアカハガネ、ヒイロカミ
   達穏健派のイフリートが詰まってるわけだし」

紅緋「あくまでブレイズゲートの半数を学園が管理する場合ですから、それを諦めればナミダ
   姫も引き渡し要求を取り下げるんじゃないですか? その方向で学園の総意がまとま
   れば、何とかなります」

ギィ「次に姫さんたちと会う時は、情勢どうなってるでやしょうね?」
紅緋「そして、お二人が交渉に出かけている間、私は六六六人衆の二段構え灼滅作戦に参加
   していました。どちらも第一班です」


  シナリオ『祭囃子の熱帯夜 ~人肌の涙~』
  シナリオ『熱帯夜の憂鬱 ~無情の熱~』

紅緋「こちらの六六六人衆・深嶋は、夏祭りの人混みの中で殺戮を行おうとしていました。六六
   六人衆にヴェノムゲイル。その怖さはアリスさんの方がよく知ってますよね」

アリス「そうね。あれは松戸密室だった。ジャマーの六六六人衆の鏖殺領域とヴェノムゲイルに
   追い詰められて、闇堕ちを出してしまったわ。苦い記憶の一つよ」

紅緋「その話を聞いていたから、私は普段のクラッシャーから外れて、メディックで戦線を支え
   る役目を引き受けました。お陰で重傷者や戦闘不能者を出すことなく、退却に追い込め
   ました。あとは第二班の皆さんが灼滅です」


  シナリオ『植本使のキルロイ参上~剣折る盾』
  シナリオ『植本使のキルロイ参上~剣断つ剣』

紅緋「こちらは街中に人の血で自分の名前を書こうとした六六六人衆の灼滅以来です。私は
   やはり第一班」

ギィ「こいつら、マジでいかれてるっすね。同盟結ばなくてよかったっす」
紅緋「六六六人衆・植木使は、浮遊武器をいくらでも召喚できるという、一般人を守る戦いに
   おいては非常に厄介な能力持ちでした。実際、交戦を開始してからも何人も犠牲が
   出ました……」

アリス「それでも、退却に追い込めただけでも、務めは果たしてるわ。植木は第二班が灼滅して
   るんだし」

紅緋「でも、もっといい方法があったんじゃないかと思うと悔しくて」
ギィ「ま、すんじゃったことは仕方ないっす。それより、自分ら三人、これでカンストっすね。黄金
   の武闘リングも面白そうと思ってたっすけど、経験値が無駄になっちゃいやすから、しば
   らくは傍観っす」

アリス「楽隠居ね。みんな頑張れ」
2017.08.01 Tue l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「螺旋忍軍の本星スパイラスから伸びる『彷徨えるゲート』を巡っての、奈良平野での
   決戦『最終血死戦スパイラル・ウォー』は、ボクたちの想像以上の戦果を上げて決着しました」

アーティ「戦場全面制圧の完全勝利だ。敵は一人たりとも逃していない」
連「厳密にはラクシュミ女神のところにいた攻性植物が数十体逃亡したようだけど、それ以外は
   文字通りの殲滅ということになったわね」

アルフ「事前に、敗北は世界の終わりみたいなことを吹き込まれていましたが、蓋を開けて
   みれば、あれよあれよと全敵撃破してしまいました」

連「『彷徨えるゲート』を使って地球に来るつもりだったドラゴニアの強大なドラゴンたちは、
   ゲートが破壊されたから、経由地のはずのスパイラスから出られなくなって戦力外に。
   思ってもみなかった成果だわ」

アルフ「何というか、とにかく安心して戦えた戦争でしたね。矛盾した言い方ですが」
連「これであとは、来月のケルベロス大運動会を待つばかりね。《蠍》さんは今年も不参加?」
アーティ「そのつもりだが? 俺はサーカスのピエロはやりたくない」
連「無駄に頑固なんだから。アルフ、一緒に楽しんでこようね」
アルフ「はい。お土産は紅茶でいいですよね」
2017.07.30 Sun l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alice & Guy & Benihi】
ギィ「あきら……“戦神”アポリアが提案した六六六人衆と武蔵坂学園の同盟を模索する第二
   フェーズ、行ってきたっすよ」


  シナリオ『ロードローラーの選別殺人~背徳の児童養護施設長』

アリス「お疲れ様。お勤めとはいえ、人間の屑を救うのは気が滅入る話ね」
紅緋「さすがに、チームごとに判断が割れていますね。救出13件、見殺し8件」
ギィ「これで、『選別殺人の過半数が実行されれば武蔵坂学園との同盟交渉に望みを繋ぐ』と
   いう、ミスター宍戸の思惑は崩れたっす。あとは、プランBの爵位級ヴァンプとの同盟に
   至るんしょ」

アリス「六六六人衆に不壊者に、更に爵位級ヴァンパイア。対灼滅者包囲網の完成ね」
ギィ「そんな状況下で、ブレイズゲート慈眼城をスサノオ化しようとするナミダ姫とか、わざわざ
   リベレイターを照射されたがってるご当地怪人とか、ややこしい話ばっかりっす」

紅緋「お二人とも、ナミダ姫依頼の相談お疲れ様でした。ギィさんの方は、相談卓が5ページに
   達したとか」

ギィ「いくらやや難でも、普通はそこまでいかないっす。全体の調整をうちの班がなぜか引き
   受けたからこそっすね」

アリス「最終日のお手紙を止められなかったのは私の責任ね。せめて交渉が成功してほしい
   けど」

紅緋「そして休む暇もなく、六六六人衆と同盟する不壊者が、黄金武闘会なんてものを開催
   するみたいですね」

アリス「人の多い場所に『黄金の円盤リング』が現れて、その中で不壊者同士が死合い、勝者
   が倒した相手の力を吸収して周囲の一般人を虐殺か。止めるために不壊者を倒すと、
   強制闇堕ちと来た。しかもそれでないと灼滅できない」

ギィ「不壊者筆頭のジークフリート大老の仕掛けみたいっすね。不壊者もなかなかに厄介な」
紅緋「まあ、私たちはカンストが射程に入ってますから、文字通りの観衆ですね。参加者が
   どれだけ集まるか分かりませんが、頑張ってきてほしいです」
2017.07.27 Thu l サイキックハーツ(依頼) l COM(0) TB(0) l top ▲
【Alfred & Arturo & Tsurane】
アルフ「来るぞ来るぞと言われていた戦争が、奈良平野でいよいよ始まりますね。決戦
   『最終血死戦スパイラル・ウォー』は7月30日!」

アーティ「全開がダモクレスのみだったのに比べると、今回はいくつの種族が絡んでる
   んだ? 螺旋忍軍にドラゴンにエインヘリアルに攻性植物にダモクレスに、それから
   よく分からないがオウガとやらの女神様」

連「まだ十分確認できていないけど、イグニスを討滅出来ないと『終わりです』 でしょ。毎回
   だけど綱渡りの戦いよね」

アーティ「これでも、事前の強襲作戦でダモクレス残党の主力を退却させられたから、この
   程度で済んだと言えるんだよな」

連「指揮官型のうち、マザー・アイリス討滅だったかしら。あれがいなくなれば、量産型での
   物量作戦が出来なくなってありがたいわ」

アーティ「ディザスター・キングたちは撤退していったがね。あれらも、いつかはどうにかしな
   きゃなるまい」

連「エインヘリアルの変態王子も無事に討滅。強襲作戦に参加した皆さんはお疲れ様でした」
アルフ「今度の戦争で倒すべきは、螺旋帝の血族になりおおせた元エインヘリアル第五王子
   イグニス。そして、天地殲滅龍とレプリゼンタ・ロキも倒しておかないと面倒ですね」

連「オウガの女神様が、戦力分散を誘ってくれそうだわ」
アーティ「まあ、まずは師団で相談を始めなきゃなるまい。それでは、これより戦争を開始する」
2017.07.21 Fri l ケルベロスブレイド(全般) l COM(0) TB(0) l top ▲